株式会社ナハト

【導入支援】インフルエンサーマーケティングのコツを具体的に解説!

2022.07.22

インフルエンサーマーケティングが各企業で徐々に採用され始め、SNSの拡散力を利用することで優れた費用対効果を発揮し、成功したという企業も増えています。

その一方で、

  • 「具体的な進め方が分からない」
  • 「失敗しないためにはどうすればいいのか?」
  • 「成果を高めるコツは?」
など、様々な疑問を抱えているマーケターも多い実情があります。

そこで当記事では、導入に向けての具体的なコツを解説することで、マーケターの疑問を解決する手助けをしたいと思います。

成功のコツや注意点を詳しく解説しますので、是非最後までご覧ください。

01インフルエンサーマーケティングの進め方

マーケティングを進める手順

まず、インフルエンサーマーケティングの進め方からご紹介いたします。インフルエンサーマーケティングを進めていくためには、大まかに以下のような3つのステップがあります。

インフルエンサーへの依頼

インフルエンサーの選定は、インフルエンサーマーケティングにおいて、最も重要なステップです。

直接本人に依頼する、プラットフォームツールやキャスティング会社に依頼して探してもらう、代理店にお願いするなど、企業の状況に合わせて依頼することが重要です。

関連記事: インフルエンサーの依頼方法4選|PRに成功した企業の施策例を解説

PR投稿、施策実施

インフルエンサーが決まったら、実際にPR投稿をしてもらいます。

ただし、炎上を避けるためにも、投稿については予めルールを決めておくなど、擦り合わせをしておくことが必要です。 インフルエンサーと企業側との間に考えのくい違いが生じないよう、企業としての目的や意向をしっかりと伝えましょう。

効果測定

SNSをマーケティングに利用するメリットの1つに、データの取得が簡単なため効果測定がしやすいことがが挙げられます。 SNSツールによって多少の違いはありますが、指標となるものには次のようなものがあります。

  • 再生回数(動画の場合)
  • エンゲージメント率(いいねボタン、コメントなど)
  • 自社サイトのクリック数

インフルエンサーの投稿で、実際にどのような効果があったのか把握することで問題点を洗い出し、次の施策に向けて改善へと繋げていくことが可能となります。

02インフルエンサーを選定する際のコツは?

喜ぶインフルエンサー

インフルエンサーの選定は、インフルエンサーマーケティングにおいて最も重要です。選定するにあたり、重要なポイントは次の3つになります。

  • フォロワーの実数を確認する
  • エンゲージメントの遷移を確認する
  • 投稿頻度が高いインフルエンサーを起用する

では、具体的にどう確認すれば良いのか、解説していきます。

フォロワーの実数を確認する

影響力のあるインフルエンサーを見分ける1つの指標として、フォロワー数があります。 ところが中には対価を払ってフォロワーを取得する、「フォロワー買い」をして数を増やしているインフルエンサーもいるので注意が必要です。

実態を伴っていないフォロワーには、「いいね」や「コメント」など、エンゲージメント率に結びつく効果が得られないため、マーケティングとしては失敗に終わってしまします。

フォロワー買いをしているかどうかは、

  • ・1日または数日でフォロワー数が急増していないか
  • ・フォロワーの外国人の割合が極端に高くないか
  • ・エンゲージメント率は極端に低くないか
  • を確認することでを見極めることができます。

    エンゲージメントの遷移を確認する

    エンゲージメント率が過去から遡ってどのように推移しているかを確認しておくことは大事なポイントです。

    現在のフォロワー数やエンゲージメント数がそれほど多くなくても、過去の投稿から遡ると確実に伸びているという実績があれば、今後、人気になるインフルエンサーとして期待できそうです。

    また、これまで企業PRを行っていない人気のインフルエンサーの場合には、商品やサービスのPRが自然で訴求力に優れ、 フォロワーからの安定した信頼感もあるため、マーケティングへの起用に適していると言えます。

    投稿頻度が高いインフルエンサーを起用する

    投稿頻度が高いインフルエンサーの場合は、日々の投稿の間に商品の宣伝が入ったとしても、フォロワーに違和感なく受け入れられ、 エンゲージメント数に結びつけやすくなります。

    逆に投稿頻度が低いインフルエンサーがPR投稿をした場合、久しぶりの投稿がPR投稿であることに、フォロワーは不信感を抱きます。 どんなにフォロワー数が多いインフルエンサーでも、不信感を抱かれてしまうとPRがうまく行きません。

    投稿頻度を確認し、積極的に活動しているインフルエンサーをキャスティングしましょう。


    関連記事: 施策が成功するインフルエンサーの選び方は?選定基準・起用方法も解説


    03インフルエンサーマーケティングの施策効果を高めるコツは?

    成果の向上

    インフルエンサーマーケティングの施策効果をさらに高めるには、どのようにすればよいのでしょうか。

    ここでは、下記の3つのポイントを詳しく解説いたします。

    • ・インフルエンサーに裁量権を与える
    • ・投稿に関するルールを設定する
    • ・効果測定 を行い、PDCAを回す
    • インフルエンサーに裁量権を与える

      インフルエンサーにPRを依頼する際には、炎上を避けるためにも企業は投稿のルールを設定しておくことが大切です。 しかし自然な訴求を行うためにも、ある程度投稿内容はインフルエンサーにお任せすることで、フォロワーからの信頼感を損なわないこともまた重要です。

      企業側とインフルエンサー間でPRの認識を擦り合わせしておく必要があるにせよ、あまりにも細かい指示を出しすぎてしまうと、 フォロワーが違和感を持ったり、宣伝を押し付けられているように感じ、インフルエンサーマーケティングの利点を生かせず、失敗する可能性があります。

      インフルエンサーを選定する際は、企業側からは最小限の指示に留め、投稿に関してはある程度インフルエンサーの裁量にお任せすることがコツです

      投稿に関するルールを設定する

      投稿に関してある程度裁量権をインフルエンサーに与えたほうが違和感のない自然なPRができますが、トラブルや炎上を避けるためにも最低限のルールは必要です。

      特に注意すべきことは、以下の点になります。

      • 投稿には「PR」「タイアップ」など、広告であることがきちんと表記されているか
      • 薬機法や景品表示法に違反していないか
      • 投稿頻度が多いか

      これらのことが原因で炎上を起こさないよう、企業側でもきちんと守られているかの確認は必要です。

      効果測定を行い、PDCAを回す

      インフルエンサーマーケティングはSNS上で行われるため、データ分析や効果測定がしやすいというメリットがあります。 リーチ数、エンゲージメント数、誘導率などから、改善点を見つけやすく、対策も立てやすい手法です。

      費用対効果を高めるためにも、計画、実行、評価、改善を繰り返す、いわゆるPDCAサイクルを回して改善していくことがインフルエンサーマーケティングの施策効果を高めるコツといえそうです。

      04インフルエンサーマーケティングで注意するべきこと

      要チェックのポイント

      インフルエンサーマーケティングにおいては、ステマ投稿になっていないか、投稿内容が不快感を覚える内容ではないか、 炎上の可能性が高いインフルエンサーではないか、ということが注意すべき点となります。

      ステマ投稿になっていないか

      インフルエンサーマーケティングの投稿には、「PR」「タイアップ」といった、宣伝であることを明記する必要があります。特定の商品の宣伝やPRであるにもかかわらず、 ハッシュタグなどに明記することなく、インフルエンサー自身が特定の商品やサービスを日常的に利用しているかのように投稿すると、ステルスマーケティング(ステマ)になります。

      フォロワーやファンにとっては、インフルエンサーが実際に利用している商品やサービスを共有したいという心理が働きますが、それが誰かに依頼された宣伝だと分かると裏切られた気持ちになり、炎上につながります。 その結果、商品が売れなくなるばかりか、インフルエンサー自身や企業の信用まで失うことになりかねない結果となります。

      投稿内容が不快感を覚える内容ではないか

      インフルエンサーがPR商材のイメージと合わない投稿をした場合や、他社製品の批判、不快な表現した場合は、消費者に不快感を与えるだけでなく、 ブランドイメージまでも悪くしてしまいます

      SNSの投稿はあらゆる人の目に触れるため、誰が見ても不快な気持ちにならないよう、客観的な視点で確認しておくことが必要です。

      インフルエンサーの個性を潰すことなく、自然な形でPRするという本来のインフルエンサーマーケティングのよさを生かしつつも、企業として投稿内容には責任を持つことを忘れてはならないことです。

      炎上の可能性が高いインフルエンサーではないか

      過去に何らかの原因で炎上したことのあるインフルエンサーは要注意です。一度でも炎上してマイナスのイメージがついてしまうと、なかなか払拭することができないものです。

      直近で起用したインフルエンサーが炎上してしまうと、PR投稿には問題がなかったとしても、企業に批判が集まってしまいます。 当然、そのインフルエンサーがPRした商品にも悪影響が考えられるでしょう。

      過去に炎上したことがあるインフルエンサーかどうかを確認するには、「エンゲージメント」が急激に下がっている時期がないかを調べてみることです。

      公序良俗に反する発言をしたことはないかを確認するのはもちろんですが、投稿自体は削除されていることもあるため、 エンゲージメントが重要な手がかりとなります。必ず過去の投稿に遡って確認してみましょう。


      関連記事: インフルエンサーマーケティングの注意点|PR成功に必要なことは?

      05外部業者の活用方法!代理店選びのポイントは?

      優秀なビジネスマン

      実際にインフルエンサーに依頼してマーケティングを進めようとしても、自社に十分なノウハウがなく、人員不足で時間的にも難しい場合は、外部の代理店に依頼する方法があります。

      代理店ではインフルエンサーのキャスティングから効果測定、リスク管理まで行ってもらえますが、代理店もさまざま存在し、 マーケティングを成功させるためには、慎重に選ぶ必要があります。ここでは代理店選びに必要ないくつかのポイントについて解説します。

      実績のある企業を選ぶ

      インフルエンサーマーケティングはここ数年で採用され始めた手法で、ノウハウを確立できている代理店はそれほど多くないのが現状です。 そのような、多くの実績を持たない代理店に依頼すれば費用対効果が低い結果になりかねません。

      失敗しないためには、まずは代理店について詳しく確認し、実績のあるところに依頼することです。 さらに、代理店ごとに特徴や得意とするジャンルがあるため、自社の商材とマッチすることも大事な条件となります。

      広告に関する規制を遵守しているか

      インフルエンサーマーケティングにおいて、特に抵触する可能性がある法律には、「薬機法」と「景品表示法」があります。

      薬機法」とは医薬品だけでなく、医薬部外品、化粧品、医療機器の品質や有効性、安全性を確保することを目的とするもので、 PR商材がこれらに該当する場合、虚偽や誇張表現などがないか注意する必要があります。

      景品表示法」ではPR広告の虚偽や誇大表現、判断を誤るような紛らわしい表現は禁止されています。製品の効能を誇張した訴求には注意しましょう。

      代理店に依頼する場合は、これらの法律を遵守している代理店を選ぶことが必須となります。例えば、代理店のホームページなどで「団体認証」を獲得していることを確認して、依頼を進めましょう。

      自社ブランドに適したインフルエンサーをキャスティングできるか

      影響力や人気のあるインフルエンサーを起用しても、インフルエンサー自身と商品のブランドイメージに違和感がある場合や、 フォロワーが宣伝したい商品やサービスのターゲットになっていなければ、マーケティングは失敗に終わります。

      商材と相性のいいインフルエンサーが見つからず、近いイメージの人に依頼して失敗に終わるという結果にならないように、 多くのインフルエンサーをキャスティングできる代理店に依頼することが大事です。


      関連記事: インフルエンサーマーケティング代理店の種類|特徴と選び方も紹介


      まとめ
      今回はインフルエンサーマーケティングを成功させるためのコツについて解説してきました。 インフルエンサーの選定は、投稿後の明暗を分ける大事なフェーズとなります。その段階で躓かないよう、ブランドイメージや過去の投稿、フォロワー属性など、あらゆる点からリサーチして自社での調査も怠らないことが大切です。
       
      たとえ結果的にあまりよい効果が得られなくても、SNSならではのデータ分析がしやすいという特徴を利用して、問題点を地道に解決していくことで、継続的にマーケティングの効果を高めることができます。
      より確実に効果を出したいならば、ノウハウがすでに蓄積している代理店などを利用するのも1つの手だと考えられます。

      【無料相談】Webマーケティングに関するお問い合わせはコチラ

      ・依頼可能インフルエンサー 1万2000人以上
      ・依頼可能インフルエンサー フォロワー総数 11億人以上
      ・案件実績数 2000件以上

      デジタルマーケティング専門メディア「MarketingCity」を運営するナハトでは、インフルエンサーマーケティングやSNS広告などを中心としたデジタルマーケティング施策において、他社にはない多くの強みを持っています。

      弊社独自の強みを活かすことで、ご依頼企業様が求める結果にコミットします。 無料相談を下記フォームから受け付けておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

      まずはお気軽にお問い合わせください